木王(MOKUKING!)とは

木王は、木と森をテーマにしたカードゲームです。決して、虫とか架空の動物をテーマにしたゲームを参考にしたわけではありません。

森林、林業、利用、そして応援団、4種類のカードを駆使して、究極の林業王を目指すものです。カードに取り上げられたひと、もの、ことにまつわる様々なスキルを使い、相手により大きな攻撃を加えます。ただし、攻撃を最大化させるためには、カードそしてカード同士のつながりの理解がとても大事になります。

楽しく遊んで、木王を目指しましょう!

木王に出てくるひと、もの、こと

木王に登場する人々、森林や出来事などは、すべて実際に存在するものばかりです。日本列島に広がる豊かな森々、木材が使われた建物、そしてそれを支えるユニークだけど、真剣な人たち。日本の森が豊かでありつづけるために、知っておきたい(知って欲しい)いろいろなことが、取り上げられています。なお、木王で使用している写真については、多くの団体にご協力いただき使用させていただいたものです。

はじめよう木王

木王の使い方、ルールガイドです。木王を楽しく遊ぶための基本ルールが書かれています。遊ぶ前にしっかりと確認してください。

注目カード

森林カード屋久島

森林カード最強! 『スキル5000年の重み』は攻撃力を最大化

林業カード再造林放棄

林業カード最悪のスキル『森林の課題 Lv.3』は敵に回す敗北の危機へ!


利用カード木の駅舎 木の電車

鉄道好きにはたまらないこのカード。スキル、攻撃力ともにあなどれない!

応援団カードハコダケくん

つい見つめてしまう愛らしさ。北のマスコットは一発逆転の切り札だ!


募集!

こんなカードが欲しいな、これはカードにするべきと思われるひと、もの、ことを大募集しております。森、林業、木材利用に関わることであれば、なんでも結構です。テーマだけでも原稿の状態でもかまいません。
みなさんの熱い森林、木材愛のつまったアイデアをお寄せください。


木王(MOKUKING!)

対象年齢 10歳以上(主として中学生、高校生)
企画・制作 NPO法人木づかい子育てネットワーク・木王制作委員会

木王は平成30年度 木づかい・森林づくり推進事業(「木の文化」創造・発信事業のうち木育活動支援)によって制作されたものです。

協力団体

木王制作にあたっては、以下の団体等にご協力をいただきました。記して御礼申し上げます。

林野庁、日本木材青壮年団体連合会、宮崎県日南市、国土緑化推進機構、全国木材組合連合会、木育全国生産者協議会、東京おもちゃ美術館、酒井産業、きまま工房・木楽里、削ろう会、埼玉大学、サカモト、JR九州、グラム・デザイン、パワープレイス、東京チェンソーズ、林業女子会、街の木を活かすものづくりの会、FSCジャパン、田中淳夫、古川泰司、鈴木正樹、小瀬由伸、飫肥杉仮面(敬称略・順不同)