「木王」にコメントをいただきました

田中 淳夫さん

森林ジャーナリスト
http://ikoma.cocolog-nifty.com/


「木王」のカードを手にとってみた。最初は「屋久島」。キャッチフレーズは、 1000年未満じゃまだまだ小杉。次は「白神山地」。お、南海の孤島「小笠原諸島」 も登場するのか。東洋のガラパゴスとある。その調子でカードを繰っていくと 「森林認証制度」や「資源の循環利用」なんて難しい言葉もあるし、林業用語の 「下草刈り」に「間伐」ですか。おっと「違法伐採」に「再林放棄」? あとは野となれ山となれ……て、もともと山ですけど。かと思えば「街路樹の利用」。

これは伐採された街路樹から家具をつくる運動らしい。そして「飫肥杉仮面」に 「ハコダケくん」って、なんじゃこりゃ。「削ろう会」は大工の腕自慢大会。応援団には「日本全国スギダラケ倶楽部」???が登場したと思えば「林野庁」も。 応援団でしたか。そして最後は「木育」……。そうか、この木王カードそのもの が木育なのだった。

このカードを使うと、カルタ遊びやトランプ、そして対戦ゲームもできるという。 森林カード、林業カード、利用カード、そして応援団カードという分類があって、攻撃力に差があるらしい。らしいが、ゲームの仕方がオジサンにはよくわかりません(泣)。と、ともあれ、このカードの言葉を全部理解できたら、貴方も「木王」 なのだ。