遊び方

木王は、かるた遊び、トランプ、対戦型ゲームなどいろいろな遊びが楽しめます。

遊び方1 カルタ遊び(3〜5人)

2組のカードを用意し、1組は読み札、もうひと組は取り札として使うか、カード1組と読み札カードを使って遊びます。

mokuking_card.pdf
PDFファイル 24.7 MB

まず、取り札を場に広げます。次に、読み札を読む人を1人、じゃんけんなどで決めます。読む人以外は取り手になります。
読み札が読まれたら、取り手は、それに対応する取り札を探して取ります。
読む人が全ての札を読み終えたときに、取った枚数が一番多い人が勝ちです。

遊び方2 トランプ

右上の数字、記号を使って、通常のトランプとして遊びます。木王カード54枚には、ジョーカーが2枚(暗い森、再造林放棄)含まれています。

遊び方3 対戦型ゲーム(2人)

準備

  1. 1組のカードを用意し、それぞれを色ごとにわけ、よくきって4つの山(森林、林業、利用、応援団)にします。
  2. じゃんけんで先攻、後攻を決めます。
  3. 山から森林カード2枚、林業カード、利用カードを各1枚順にとり、手札にします。手札は相手にみせてはいけません。

開始

第1ターン

先攻、後攻の順に、山から森林カードを1枚ひき、手札に加え1枚をオープンにします。(カードの種類はどれでもかまいません)

第2ターン

先攻、後攻の順に、山から利用カードを1枚ひき、手札に加え1枚をオープンにします。(カードの種類はどれでもかまいません)

第3ターン・第4ターン

第1ターン、第2ターンを繰り返します。第4ターン終了時点で、場には先攻、後攻それぞれ4枚がオープンになります。ただし、スキルによってカードが追加される場合は、4枚以上になっている場合があります。

第5ターン

先攻、後攻の順に、山から林業カードを1枚ひき手札に加え、1枚をオープンにします。 (カードの種類はどれでもかまいません)

第6ターン

先攻、後攻の順に、手札から森林カードまたは利用カードを1枚オープンにします。

第7ターン(最終ターン)

先攻が応援団カードを山から1枚引き、そのままオープンにします。

ゲーム終了時
ゲーム終了時

勝敗の決定

全てのカードの攻撃力、スキルを合計し、攻撃力の大きい人が勝利となります。

攻撃力の計算例

学習素材としての利用

森林や環境の学習素材として、スライド用のカードをご用意しております。スキル等の表記がありませんので、教材としていろいろな場面でご活用いただけます。ダウンロードしてお使いください。

mokuking_card_study.pdf
PDFファイル 27.3 MB